阿佐谷ジャズストリートとは


阿佐谷ジャズストリートは、「阿佐谷のまちをジャズで明るく楽しいまちに」を合言葉に1995年にはじまった東京都杉並区の阿佐谷のイベントで、地域の人々のボランティアによって運営されています。

まちがジャズに染まる2日間


毎年10月末に開かれる阿佐谷ジャズストリートは、JR中央線の阿佐ヶ谷駅を中心とする南北2キロの中杉通りに沿って、駅前の広場、神社、教会、小・中学校の体育館、企業のロビー、喫茶店、レストランなど普段の生活空間がジャズの演奏会場となります。また、ディキシーランドジャズのバンドがまちを練り歩き、この2日間、阿佐谷のまちはジャズ一色に染まります。 

いろんな楽しみ方ができるジャズストリート


阿佐谷ジャズストリートは、チケットを購入してジャズを楽しむパブリック会場、ライブハウスや、レストラン、カフェなどが独自にコンサートを行うバラエティ会場、広場や路上で演奏が繰り広げられるストリート会場の3つのパターンでジャズを楽しむことができます。

 地域の人の手づくりで運営


阿佐谷ジャズストリートは、実行委員会形式で運営されています。メンバーは、まちの商店主やジャズ愛好家、主婦、会社員、区役所職員等でみんなボランティアで参加し、毎年実行委員会で役員を選んで運営しています。
出演料、音響費、印刷費などの費用は、基本的にパブリック会場の協力券収入とプログラム広告料、それに協賛金で賄っています。

 全国から注目!地域に根ざした阿佐谷ジャズストリート


ジャズのイベントといえば、かってバブルの頃、大手スポンサーの冠イベントが盛んでした。しかしバブル崩壊とともにそうしたイベントも少なくなりました。同じように行政の助成のみに頼ったイベントも財政赤字の中で立ち消えになることも少なくありません。

阿佐谷ジャズストリートは、そうした反省の上に当日の入場料を協力券として販売し、その収入と地域の方々の協賛金、そして、プログラムなどの広告料で運営するというスタイルで行うこととし、準備から当日の運営までの全てをボランティアで行っています。